×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

 

発送のおしらせ

配送時期や天候により
ご希望日時間に到着できないことがあります。ご理解いただけます様よろしくお願い致します。

必着の場合はご希望日前日お届けをお薦めいたします。
冬季期間は発送日時が変更になる場合もございますので何卒よろしくお願い致します。

丹生川Viande公式LINE

丹生川ViandeではLINEにてお買い得情報などを公開しております。

 

Line

HOME»  飛騨牛とは

飛騨牛とは

飛騨牛と呼ばれるためには

飛騨高山で育った牛がすべて「飛騨牛」になるわけではありません。飼養期間の最も長い場所が岐阜県であり、飛騨牛銘柄推進協議会登録農家制度にて認定・登録された生産者により14か月以上肥育された黒毛和種の肉牛のうち、公益社団法人日本食肉格付協会が実施する牛枝肉格付で規定を超えるものが飛騨牛となります。

飛騨牛の定義

飛騨牛の定義

飛騨牛とは、岐阜県内で14か月以上飼育された黒毛和牛で日本食肉格付協会が実施する枝肉格付で、歩留等級A等級またはB等級かつ肉質等級5等級、4等級、3等級の物であることを飛騨牛銘柄推進協議会事務局が確認し、認定したものです。

飛騨牛の品質と安全性

飛騨牛の品質と安全性

最高級の牛肉という評価が定着している飛騨牛は、脂肪交雑(さし)、肉の艶、色、キメ、香りともに肉質の高条件全てをクリアしております。
飛騨牛の肉質を決めるさしの出来具合は、遺伝的要因や畜産農家の技術によって成り立っています。昭和56年、安福号との出会いが今日の飛騨牛ブランドの原点です。すぐれたバイオテクノロジーの研究と畜産農家の熱意に支えられた高品質かつ安心、安全な飛騨牛をお届けしております。

飛騨牛の特徴

飛騨牛の特徴

飛騨牛の特色は脂肪交雑(さし)が見た目に美しく鹿の子状に入っていることがあげられます。
さしはロース芯のみならず、バラ、肩、ももにまでも現れます。霜降りが入っていることで、野菜などを一緒に煮た時にも脂肪が表面を包み込み、肉汁や香りが外に逃げるのを防ぎ、肉の柔らかさを保ちます。
サーロインはロース肉部分をステーキ用に切り分けたものです。とろけるような風味が口いっぱいに広がる極上のステーキになります。他にはヒレステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶ、焼肉用があり、いずれも飛騨牛の各部位の味わいを存分にお楽しみいただけます。

『飛騨牛』等級のご確認

『飛騨牛』等級のご確認

当店で販売している「飛騨牛」の等級に関しまして、下記サイトにてご確認を頂けます。
ご確認の際は、TOPページにあります『個体識別番号』を、下記リンク先内の『個体識別入力欄』にご入力頂いた後、必要情報を選択の上、ご確認下さい。
■「飛騨牛銘柄推進協議会」様 ホームページ

リンクはこちら